132件

全て

名前

所属/専門領域/研究内容

論文審査資格

  • 洪 実
    Minoru Ko
    教授

    坂口光洋記念講座 システム医学講座
    哺乳類初期胚と幹細胞、実験と計算機によるシステム医科学

    網羅的実験手法と計算機を駆使して、遺伝子発現ネットワークの構造と動態を解明する。細胞組織の再生、若返り方法を研究し、長寿健康を促進する医療への応用を目指す。システム手法の医学医療への応用を推進する。

    論文資格:修士
    博士

  • 洪 繁
    Shigeru Ko
    准教授

    坂口光洋記念講座 システム医学講座
    消化器内科学、生理学、再生医学

    膵臓は、消化に必要な酵素を分泌し、内分泌ホルモンを分泌する代謝システムの中心臓器です。私たちは、臓器再生機能がないと考えられていたヒトの膵臓には臓器再生機能があることを発見しました。現在は、膵の臓器再生機構の研究を行っています。

  • 河上 裕
    Yutaka Kawakami
    教授

    先端医科学研究所 細胞情報研究部門
    免疫疾患(がん・自己免疫疾患など)の病態解明と制御法開発

    がん・自己免疫疾患・移植・感染症などの免疫関連疾患の免疫病態の解明と、免疫制御のための免疫療法・遺伝子治療の開発、がん微小環境の病態解明と分子標的治療の開発。

    論文資格:修士
    博士

  • 佐谷 秀行
    Hideyuki Saya
    教授

    先端医科学研究所 遺伝子制御研究部門
    悪性腫瘍形成の分子機構

    1)癌幹細胞の性状解析と治療戦略開発 2)癌細胞浸潤・転移・再発の分子機構解析 3)癌組織の不均一性と癌細胞の可塑性の解析

    論文資格:修士
    博士

  • 福田 恵一
    Keiichi Fukuda
    教授

    内科学(循環器)教室
    心筋細胞の再生による難治性心不全の治療法開発

    iPS細胞等を用いた心筋細胞再生と、これをもちいた種々の心疾患の病態解明、治療法の開発、再生医療の研究を進めている。心不全と交感神経機能の相関関係、心臓弁膜症の発症機転、肺高血圧症の治療法開発等の多方面の研究を展開している。

    論文資格:修士
    博士

  • 佐野 元昭
    Motoaki Sano
    准教授

    内科学(循環器)教室
    心血管疾患の病態解明とトランスレーショナルリサーチ

    心血管疾患の発症のメカニズムを、分子生物学的・遺伝学的手法を駆使して解析し、新規治療法の開発につなげるトランスレーショナルリサーチを推進している。

  • 高月 誠司
    Seiji Takatsuki
    准教授

    内科学(循環器)教室
    不整脈、臨床電気生理学、カテーテルアブレーション、植え込み型デバイス治療

    不整脈の病態解明や診断、治療法の開発、特に心房細動に対するカテーテルアブレーション法の開発やレーザーを使ったカテーテルアブレーション 治療法の開発や心嚢内視鏡の開発を行っている

  • 別役 智子
    Tomoko Betsuyaku
    教授

    内科学(呼吸器)教室
    呼吸器疾患の病態解明と新規治療に関する基礎・臨床研究

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、気管支喘息などの炎症性肺疾患や肺癌の病態解明および発症機序に関する分子生物学的研究と、病勢を反映するマーカー探索、新規の診断法・治療法の確立をめざす臨床研究を行う。

    論文資格:修士
    博士

  • 福永 興壱
    Koichi Fukunaga
    准教授

    内科学(呼吸器)教室
    呼吸器内科 炎症性肺疾患(喘息・COPD)、睡眠時無呼吸症候群

    炎症性肺疾患特に重症喘息を中心にその病態や新規治療法に関する研究をおこなっている。また睡眠時無呼吸症候群患者のスクリーニング、治療効果評価法についての研究もおこなっている。

  • 金井 隆典
    Takanori Kanai
    教授

    内科学(消化器)教室
    消化器疾患の病態解明および新規治療法に関する基礎・臨床研究

    幹細胞培養技術を用いた培養モデルを利用し、消化器腫瘍、炎症性腸疾患の病態解明と再生医療の開発を推進している。多彩なオミックス情報を駆使し免疫、代謝、微生物、機能、遺伝学など多角的な視点から消化器疾患の予防、診断、治療の質の向上を目指す。

    論文資格:修士
    博士

  • 長沼 誠
    Makoto Naganuma
    准教授

    内科学(消化器)教室
    消化器病学 炎症性腸疾患の新規治療開発、消化管疾患に対する適切な診断法開発

    炎症性腸疾患に対する新エビデンスを創生するための医師主導臨床試験の遂行。消化管疾患新規治療薬におけるテーラーメイド治療法に関する研究。

  • 中原 仁
    Jin Nakahara
    教授

    内科学(神経)教室
    神経治療学

    神経内科領域のあらゆる疾患を対象に、先進的なトランスレーショナル・リサーチから在宅医療まで、手段を問わず患者の生命の質(quality of life)を改善させる治療の具現化に向けた研究を行っている。

  • 高橋 愼一
    Shinichi Takahashi
    准教授

    内科学(神経)教室
    脳循環代謝制御ユニットの解明と脳卒中および神経免疫・変性疾患の包括的治療

    脳を構成する細胞集団のうちグリア系細胞の相互作用、特にアストログリアに注目し、その機能解析を行っている。この機能異常に起因する疾患(astrogliopathy)の病態解明と再生医療への応用を目指す。

  • 岡本 真一郎
    Shinichiro Okamoto
    教授

    内科学(血液)教室
    造血器腫瘍の病態解明と、造血幹細胞移植および分子標的療法を応用した造血器悪性腫瘍の新規治療の開発

    同種造血幹細胞移植における前処置抗腫瘍効果の分子標的療法を用いた選択的増強、同種造血幹細胞移植後の同種免疫反応の選択的制御、臍帯血移植後の同種免疫反応に付随する抗腫瘍効果の機序、造血器腫瘍に対する治療・移植後のlong-term follow-up、骨髄腫、MDSに対する新規分子標的療法についての臨床研究に加えて、骨髄系・リンパ系腫瘍の発症機序の解明に取り組んでいる。

    論文資格:修士
    博士

  • 森 毅彦
    Takehiko Mori
    准教授

    内科学(血液)教室
    臨床血液内科学、造血幹細胞移植、日和見感染症

    主に造血器腫瘍に対する造血幹細胞移植の新規治療法の開発を免疫不全患者に合併する日和見感染症の診断、治療に関する研究を行っている。

  • 竹内 勤
    Tsutomu Takeuchi
    教授

    内科学(リウマチ)教室
    自己免疫病の分子機序の解析とその制御、それを標的とする治療法の開発

    自己免疫疾患(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、など)の病態形成に関わる分子異常を解析し、その異常分子標的に対する制御法の開発とそれを臨床応用するためのトランスレーショナル研究の展開。最新の分子標的治療薬によるテーラーメイド治療法の構築。

    論文資格:修士
    博士

  • 山岡 邦宏
    Kunihiro Yamaoka
    准教授

    内科学(リウマチ)教室
    膠原病・リウマチ性疾患の病態解明・新規治療法を目指した臨床・基礎研究

    サイトカインや分子を標的とした治療による免疫機構の変化を検証し、自己免疫疾患の制御と根治を目指した新たな治療体系の構築。特に自己免疫疾患における自然免疫の関与を明らかにし、免疫寛容の誘導を目指した治療を目指している。

  • 伊藤 裕
    Hiroshi Itoh
    教授

    内科学(腎臓・内分泌・代謝)教室
    生活習慣病、メタボリックシンドロームとその腎・血管合併症に関するトランスレーショナルリサーチ

    高血圧症、糖尿病、肥満など生活習慣病とその重積であるメタボリックシンドロームおよび腎・血管合併症の分子機構を内分泌代謝学的に明らかにし、未病医学、抗加齢医学、再生医学の観点より新規医療法開発に応用するトランスレーショナルリサーチを推進している。

    論文資格:修士
    博士

  • 脇野 修
    Shu Wakino
    准教授

    内科学(腎臓・内分泌・代謝)教室
    腎臓病学、透析医学、内分泌学、高血圧

    1. 慢性腎臓病の代謝異常とその病態への影響を臓器連関の観点から明らかにし、新規治療戦略を開発する。2. 糖尿病性腎症、肥満関連腎症、高血圧性腎硬化症の成因と病態生理を尿細管の代謝異常に注目し、解明する。

  • 北川 雄光
    Yuko Kitagawa
    教授

    外科学(一般・消化器)教室
    消化器外科学、外科腫瘍学、内視鏡外科、固形癌集学的治療、外科感染症、外科侵襲と生体反応、Sentinel node navigation surgery

    癌リンパ節転移機構の解明とその制御をSentinel node理論に立脚したアプローチで研究。癌微小転移や末梢血中癌細胞の検出法を応用した、消化器癌集学的治療の個別化の実現。高度外科侵襲や外科系感染症に伴う生体反応に関する研究。

    論文資格:修士
    博士

  • 尾原 秀明
    Hideaki Obara
    准教授

    外科学(一般・消化器)教室
    血管外科、肝移植

    末梢血管病変に対する新規デバイスである生体吸収ステントの臨床研究および、大動物を用いた生体吸収ステントの基礎的検討。水素を用いた下肢急性動脈閉塞に対する新たな治療戦略の開発。光超音波イメージング装置を用いた脈管病変画像診断法の開発。

  • 川久保 博文
    Hirofumi Kawakubo
    准教授

    外科学(一般・消化器)教室
    消化器外科学(食道,胃)、外科腫瘍学、内視鏡外科、固形癌集学的治療、外科感染症、外科侵襲と生体反応、センチネルリンパ節理論を用いた個別化縮小手術

    癌リンパ節転移機構の制御とセンチネルリンパ節理論を用いた消化器癌個別化縮小治療法の開発。早期食道癌、胃癌に対する内視鏡治療、低侵襲手術および進行食道癌、胃癌に対する集学的治療の開発と普及。

  • 篠田 昌宏
    Masahiro Shinoda
    准教授

    外科学(一般・消化器)教室
    消化器外科、肝胆膵・移植外科

    肝胆膵外科の基礎研究、臨床、教育に従事。特に、肝移植が専門。

  • 黒田 達夫
    Tatsuo Kuroda
    教授

    外科学(小児)教室
    小児がんの細胞動態、胎児外科

    小児がんの分子生物学的手法による微小転移検索ならびに細胞動態解析を臨床研究とあわせて総合的に分析している。胎児呼吸器疾患の病理学的検討から胎児外科症例の適応を分析している。

    論文資格:修士
    博士

  • 志水 秀行
    Hideyuki Shimizu
    教授

    外科学(心臓血管)教室
    心臓血管外科学、大動脈ステトグラフト治療、低侵襲心臓血管外科手術、臓器保護法、人工臓器

    心臓・大血管領域の疾患に対する高難度手術・低侵襲治療の実践を基盤とした術式開発、臓器保護法に関する研究。大動脈瘤・大動脈解離の病態解明と新たな診断法・治療法の開発。

    論文資格:修士
    博士