109件

全て

名前

所属/専門領域/研究内容

論文審査資格

  • 鈴木 由紀
    Yuki Suzuki
    准教授

    数学教室
    確率論

    ランダムに現れる媒質の中を粒子がランダムに運動するという二重のランダムネスをもつ確率過程の長時間後の漸近挙動について研究している。

  • 三井 隆久
    Takahisa Mitsui
    教授

    物理学教室
    柔らかい物質の表面もしくは内部の運動計測

    物質内部や表面は熱運動している。この測定により、熱揺らぎに対する知見が得られるだけでなく、非接触で湿潤や弾性を測定することができる。様々な物質で計測を行い、臨床診断への応用を探索している。

    論文資格:修士

  • 藤猪 英樹
    Hideki Fujii
    教授

    生物学教室
    免疫学、微生物学

    病原細菌特異的なファージ療法の確立を目指している。天然ファージの分離に加え、ファージ耐性菌の出現に耐えうるファージの作出も視野に入れ、抗菌薬耐性菌への新たな治療戦略確立に取り組んでいる。

    論文資格:修士
    博士

  • 鈴木 忠
    Atsushi C. Suzuki
    准教授

    生物学教室
    比較動物学、緩歩動物(クマムシ)の生物学

    強力な乾燥耐性を持つことで知られる陸上のクマムシの生活史や、海産クマムシの分類、卵形成様式の微細形態学など、緩歩動物をめぐるナチュラルヒストリーについて研究している。

  • 井上 浩義
    Hiroyoshi Inoue
    教授

    化学教室
    放射線学、創薬化学、天然物化学

    放射性同位元素の濃縮・除去の方法の研究を行っており、信濃町地区の放射線管理責任者でもある。また、分子認識方法としてアプタマーおよび標識放射性同位元素を用いて、生活習慣病および加齢関連因子認識物質および検出方法を開発している。加えて、天然物由来機能性物質の探索・薬理研究および製造方法の開発を行っている。

    論文資格:修士

  • 久保田 真理
    Mari Kubota
    准教授

    化学教室
    化学教育・構造化学・薬物送達

    (1)論理的思考力を養うためのPBL型実験テーマ開発・教材開発や教育効果のある効率的な教材開発を行っています。(2)インスリンの腸壁透過の促進因子について研究し、経口インスリンの開発を目指しています。

  • 奈良 雅俊
    Masatoshi Nara
    教授

    文学部
    倫理学、医療倫理学

    臨床や医学研究の現場で提起される倫理的問題に倫理学の理論と方法を応用し分析している。現在は、生殖医療における倫理的問題、医学研究における不正行為、個人情報保護、利益相反を研究している。

    論文資格:修士

  • 中村 洋
    Hiroshi Nakamura
    教授

    経営管理研究科
    産業組織論(ライフサイエンス産業、ヘルスケア産業)、経営戦略論

    ライフサイエンス産業において革新をもたらすための企業の経営戦略ならびに組織改革、革新的製品の創出と患者・財政負担の軽減を両立させる政策、ヘルスケア産業における院内・外の多職種連携のあり方についての考察

    論文資格:修士

  • 満倉 靖恵
    Yasue Mitsukura
    教授

    理工学部 システムデザイン工学科
    生体信号解析、適応型機械学習、脳波・心電解析、感情解析、数式モデリング

    データセットに対する正しいノイズ除去とクレンジング・特徴抽出、並びに数式モデルの構築、データセットに対して最適な機械学習方法の自動生成アルゴリズム構築、感情や痛みなどの定性的な言葉の定量化などに力を入れています。

    論文資格:修士
    博士